ダイエットに失敗するのはあなたのせいではない

食べたいと体が欲する!

イヌアイコン「大人の女の満々肉まん」「ガッツリ女子のカラッとコロッケ」えー、どっちにしょうかなぁ?迷ちゃうなぁ。あっ、こっちの「ぽっちゃり饅頭」も捨てがたい!えーぃ、全部、食べちゃえ!
ネコアイコン えぇー、スタイルを気にしてダイエットに励む君が、気でも違ちゃた?
イヌアイコン ここのところ、ママが忙しくて、粗食だったのよ。だから、飢えないための防衛反応。欲しがっているのは、私じやなくて、わたしの体。わたしの理性は、何の問題もないわ。
ネコアイコン うーん、そうか。君は全然悪くないし、太るのも、自分のせいじゃないって訳だね・・・(^_^;)。
【スポンサーリンク】

カラダに組み込まれた太るプログラム

パパアイコン 私たちの祖先は、長い間、飢えと戦ってきました。獲物が見つかるまで、何日も水だけで生きていく。そんな、過酷な環境に耐えながら生きていく中で、生き物が獲得した偉大な力があります。「エネルギーを体内に保存する能力。」が、それです。この力のおかげで、朝食を食べなかったからといって飢死することはありません。そして、このなくてはならない能力を担っているのが、ほかならない脂肪細胞なのです。
たくさん食べて余ったエネルギーは、飢えに備えて、せっせと脂肪細胞に備蓄する。いつか来るかもしれない飢饉にそなえ、余った分を決して無駄にすることなく私たちの体はエネルギーをため込んでいきます。しかし、このため込むという行為はため込むにつれて、保管用の脂肪細胞を大きくしていく必要があります。大量の荷物には、大きな倉庫が必要なようにです。
この仕組みのせいで、太ります。そう、太るのはあなたの意志が弱いのではなく、我々人類に備わっているこの能力のせいなのです。つまり、人間は(犬や猫も)そもそも太るようにプログラミングされているのです。

【スポンサーリンク】