EMS(低周波マシン)で寝転がって筋トレできるのか

EMSは体を揺らしている訳ではない

ネコアイコンあれ、なんか面白いことやってるねぇ。どうしたの、脂肪をプルプル震わせて!
イヌアイコンEMSよ!EMS
ネコアイコン おやおや、なんか難しい言葉を知ってるね。EMSって、低周波の電気刺激を流して、筋肉を収縮、弛緩させて運動効果があるっているアレのこと?
イヌアイコンそうそう、いま通販でとっても人気なんだから。腹筋の割れた運動選手も使ってるらしいし、腹筋運動200回にも相当するらしいの。
ネコアイコン うーん。そうかもしれないけど、君は大体そんな器具つけてないよね。
イヌアイコンだから、手でプルプル揺らしてるんじゃない。どお、自前EMS!
ネコアイコンいやいや、EMSは、筋肉を収縮させるけど、君のは筋肉じゃなく脂肪を揺らしているだけだから。脂肪ゆらしても、運動にならないよ。
【スポンサーリンク】

ブルブルマシンとEMSは別物

パパアイコン 筋肉は電気刺激で収縮させることができます。これを利用して、肩こりなどをほぐす低周波治療器や筋肉を鍛えるとするEMSなどが販売されています。低周波で筋肉を動かすことができるので、コリをほぐしたり、鍛えたりすることが可能です。
しかしながら、ごく軽い刺激なので、効果もそれなりです。筋肉の発達のためには、一定の負荷が必要です。筋肉が弱い間は、腕立て伏せで十分効果を得られますが、腕立てを20回も30回もできるようになると、効果は頭打ちになります。「腹筋運動200回に相当」というのがその証拠。200回もできるごく弱い運動であることを示しているのです。ですので、EMSには、多少の効果はありますが、決してCM出演のモデルのように腹筋が割れてくることはありません。
筋肉が動くという意味では、ドローイング(息を大きく吸ったり吐いたりしながらお腹をひっこめる)方が、大きな動きになります。筋肉が大きく動く方が、脂肪燃焼効果も当然大きくなります。EMSよりは腹式呼吸の方が筋肉を鍛えるという点でも、脂肪を燃焼させるという点でも効果的です。ただ、EMSにも利点がないわけではありません。それは、ごく弱い運動ではありますが、寝転がってテレビを見ていても、行うことができるということです。ドローイングは意識して動かす必要がありますからね。
ところで、ベルトで体を支えて、バイブレーションを伝えるブルブルマシンは、EMSとは全く別物です。EMSが筋肉の収縮でピクピク動いているのに対し、プルプルマシンは外側からの振動でブルブル震えているだけです。体が小刻みに動くという現象は似ていますが、仕組みは全く別です。ブルブルマシンは、筋肉の収縮がありませんので、筋肉を鍛えることはできません。筋肉が動いていないのですから、脂肪燃焼効果も期待できません。(動かすと脂肪が燃えるという幻想で使われているようですが・・・)

【スポンサーリンク】