体脂肪計を使って筋肉を減らさず痩せる

体型維持のための投資その2-体脂肪計

パパアイコン 理想体型維持のための投資をお願いするのは、あと1つ、体脂肪計もしくは体組成計です。これも数千円で手に入りますので、1つ目のアイテム「活動量計」と合わせても一万円でお釣りがきます。
個人の好みで、運動器具やサプリ、スポーツクラブ等々組み合わせてもらえば、それにはお金がかかりますが、それらは必須ではありません。お金をかけずにやろうと思えば、多少の苦労は必要ですが、可能です。しかし、「活動量計」と「体脂肪計」は効果に大きな違いがでてきますので、ぜひそろえていただきたいアイテムです。
【スポンサーリンク】
体脂肪計や体組成計は機能によって値段もまちまちです。高機能なものはそれなりに高価で、一万円を超えるもののあります。予算と相談の上、自分が知りたいと思う機能がついたものを購入されるといいと思いますが、私自身はそれほど高機能なものは必要ないと思います。
いろいろな測定項目を見て、「へぇー」とか「わぁー」とか言って関心を持つのは初めのうちだけです。そのうち、測定値さえめったに確認しなくなります。第一、体脂肪計の限られた表示スペースで、いくつもの項目を確認するためには、ボタンを何回か押す必要があります。そして、わざわざボタンを押したところで、それぞれの測定項目に大した変化はありません。それはそうでしょう。骨密度が日々多くなったり少なくなったりしたら、それこそおかしい。体脂肪計の上に乗るだけで、表示される「体重」と「体脂肪」だけしか見なくなるというのは、なんとなく納得いただけるのではないでしょうか。
そして、重要なのがこの「体重」と「体脂肪」なので、この2つさえ正確に表示してくれれば、このアイテムの必要な機能は満たしていると言えます。

【スポンサーリンク】