栄養成分表示をダイエットに活かす

お弁当のカロリー

ネコアイコン こちらが、824kcalで、こちらが、726kcalかぁ。このおいしそうなのにいたっては、1000kcal超えてるもんなぁ。
イヌアイコン なんか、深刻そうな顔してるけど、何悩んでるの。
ネコアイコンお昼ご飯を探してるんだけど、どれもカロリー高いなぁって思って!
イヌアイコン あら、お弁当のカロリー?そんなの見たこと無かったわ。
ネコアイコンおいおい、ダイエット、ダイエットっていつも騒いでいるくせに、食べ物のカロリーを見て、買ったり、食べたりしてないの?
イヌアイコン今、食べたいものを食べなきゃ!ストレス溜まるでしょ。カロリー少なくても、我慢脂肪が増えたら元も子もないでしょ。
ネコアイコン我慢脂肪って!我慢せずにまた別のものを食べるから脂肪が増えちゃうだけだろ?
【スポンサーリンク】

栄養成分表示

パパアイコン最近では、お弁当やお菓子、カップめんなど、多くの食品に栄養成分表示があります。 「熱量」、「たんぱく質」、「脂質」、「炭水化物」、「ナトリウム」の順番に表示されており、これら5つは必須表示となっています。たんぱく質や脂質など参考になる情報もありますが、まずは、「熱量」に注目してみましょう。
「熱量」すなわち、食品のエネルギー量です。自分が食べるものが何キロカロリーあるのか。それを把握できる貴重な情報です。この情報を活かすことが、ダイエット成功のカギとなります。次のページでは、私も日々実践している、「成分表示を見るだけダイエット」を提案してみたいと思います。

【スポンサーリンク】