あなたのカロリー感覚は優れているか?

見るだけダイエット実践編

パパアイコン活動計などで自分の総エネルギー消費量を知る方法は先に述べました。この総エネルギー量が、2100kcalだったとしましょう。2100kcalよりたくさん食べれば痩せるし、多く食べれば太ります。
1日2100kcalということは、間食をせず、3度の食事でこれだけのカロリーを取ると考えるなら、1食あたり700kcalになります。
コンビニでお弁当を買う時、成分表示を見て、この700kcalを目安にしてみましょう。自分が満足できるお弁当がこのカロリーでありましたか。食べたいものと食べられるカロリー量が一致している場合、あなたのカロリー感覚は優れていると言えます。体が必要とする以上にあなたの食欲があるなら、この成分表示を見て食べる習慣を身につけて下さい。
【スポンサーリンク】
食品のカロリーを気にしてしばらく生活していると、手料理を食べた時でも、あの700kcalのコンビニ弁当よりカロリーが多そうだとか、少なそうだとかの予想がつくようになります。コンビニ弁当が、カロリーの「物差し」になるわけです。もちろん「物差し」は多いほどいいので、わかるものは成分表示に注意を払いましょう。こういった生活を続けると、食べすぎることが少なくなりますから、ダイエットにつながります。
ところで、1食あたりのカロリーを出すのに1日の総エネルギー量を単純に3で割りましたが、朝食はあまり食べないで夕食は大目という方も多いと思います。人によって様々ですので、各食何キロカロリーを目安にすればいいかは、その方のライフスタイルで考えてもれえればいいと思います。

【スポンサーリンク】