低炭水化物ダイエット

糖質を減らせば痩せる?

イヌアイコンハーィ、元気?
ネコアイコンおや、ご機嫌ですね。
イヌアイコンお肉も食べ放題、お酒も飲み放題。 それでいて、体重は順調に落ちているのよ。
ネコアイコンえっ、それって、もしかして・・・。
イヌアイコンあら、あなたも知ってるの?そう、低炭水化物ダイエットよ。これ、いいわよ。お腹空かないのに本当に痩せるのよ。夢のダイエットだわ。ルンルン~♪
ネコアイコンダイエットに王道無しってあれだけ言ったのに・・・。すでに、冷静な判断ができなくなっている。これも糖質を取らない副作用か?
【スポンサーリンク】

炭水化物を減らすのは実は危険

パパアイコン 炭水化物は体内で分解されてブドウ糖となり、私たちが生きていくためのエネルギーとなります。このエネルギーは必要不可欠なもので、足りないと命の危険にもつながります。そこで、基礎編で説明した通り、もともとエネルギー不足に対する備えは、体に2重3重に備わっています。この備えを意図的に利用して痩せようというのが低炭水化物ダイエットです。炭水化物や糖質を制限する以外には何を食べても良く、総カロリーも減らさなくても良いので話題になりました。

このダイエット法は、ブドウ糖、つまり炭水化物を極端に制限することで、低血糖状態にし、皮下脂肪分解からエネルギーを調達させようという仕組みです。実際には複雑な過程を経るのですが、炭水化物の不足が結果的に脂肪の減少につながるのは間違いありません。

しかし、この時利用する防御機能はあくまで緊急の際のものです。常時続けることは、常に脂肪分解のために肝臓を酷使し疲労させることになりますし、それ以前に免疫力や思考力などの低下も招きます。低炭水化物ダイエットは食べても太らない簡単なダイエットなどではなく、しっかりと理論武装して実践する必要のある、非常に高度なダイエット法であるといえるでしょう。

【スポンサーリンク】