プロテインの種類と飲み方

プロテインで攻めの筋トレ

パパアイコンこのページでは、積極的に筋肉を発達させていくために、プロテインを使用する場合について述べてみたいと思います。
プロテインは現在ホエイとソイの2種類が主流になっています。ホエイというのは、牛乳を原料としたもので、ソイは大豆を原料としたものです。タンパク質的にはどちらが優れているということはないのですが、ホエイは消化吸収が早く、ソイは遅いといった特徴もあり、その特徴を利用して使い分けるている人たちもいます。
プロテインを飲むのに最もよいタイミングは筋トレ直後です。筋トレをすると筋肉はダメージを受け、それが直後から修復され始めます。そのために修復時に筋肉を作る材料が豊富にある状態が筋肉の発達につながります。そこで、運動直後に素早くタンパク質補給という意味で、消化吸収が早いホエイが人気です。コストパフォーマンスでもホエイが勝り、また、飲みやすさもホエイに軍配があがります。そんなこともあって、市販されているプロテインの多くはホエイです。

【スポンサーリンク】
また、タンパク質が体内で効率よく筋肉になるには各種の栄養素も必要なためこの栄養素も同時に摂れるようにしたものや、飲みやすさや味にこだわったものなどさまざまな製品が発売されています。ザバス(SAVAS) アクア ホエイプロテインのようにまるでプロテイン感を感じさせないスポーツ飲料のようなのど越しのものまであります。ともかく、1袋飲めば筋肉が付くというようなものではなく、ある程度、トレーニングとプロテインはセットで長期間必要になるものです。製品によって値段も味も随分ばらつきがあるので、長く続けられるものをみつけましょう。ところで、 プロテインを水や牛乳に溶かすためのシェーカーは必需品です。初めてプロテインを買う場合は合わせて購入しておきましょう。
プロテインとシェーカー

【スポンサーリンク】