理想のスタイルのための運動理論編

運動イメージ 運動強度を上げる生活
たった今からでも可能。生活の運動強度を上げて、筋肉を鍛える。
筋肉は対で考える
骨の前後にばねが付いているイメージで、筋肉は前、うしろを対にして考えます。
筋力、心肺、ストレッチ
体型維持のための運動は、「筋力トレーニング」「心肺トレーニング」「ストレッチ」の3つ。
筋力トレーニング
トレーニングしてもそう簡単にムキムキにはなりません。女性も安心して筋トレを。
筋肉は超回復
筋肉は負荷をかけると、微細な傷が筋繊維に入り、これが修復されるとき、以前より強くなる。
筋トレの負荷と回数
自然と効果のある範囲に負荷と回数がコントロールされる方法は、「回数を決めない」こと。
トレーニングによる故障
故障を避けながらトレーニングを継続する。それが、とても重要なことです。
スロトレで安全な筋トレを
軽い負荷でも、激しいトレーニングをしたと脳に錯覚させ効果を得る安全性の高いトレーニング。
スロートレーニングの方法
ゆっくり1.2.3.・・と数えながら10ぐらいかけて挙げ、同じぐらいかけて下します。
運動を休むことも大事
超回復には48時間から72時間が必要。休息があってはじめて効果が出ます。
【スポンサーリンク】
運動で痩せる?
フルマラソンを3回走りきらないと1kgの脂肪を落とせません。
効果的な運動の順序を考える
順序が違うだけで、体の反応は随分変わってきます。
酸素と運動
長く運動を続けるためには、肺や心臓が運動に必要な酸素を供給することが必要です。
心肺トレーニングの理論
心肺トレーニングにはまず最大心拍数を知っておきましょう。
心肺トレーニングの実践
心肺トレーニングは軽めの長めをめざしましょう。
縮んでこそ筋肉
筋肉は縮むか緩むかどちらかです。伸ばす機会は意識しないと訪れません。
ストレッチと動脈硬化
体が硬いと動脈も硬くなっているらしいのです。
ストレッチの2つのコツ
正しく筋肉を伸ばすためにはどうすればいいのでしょう。
筋トレのセット数
筋トレは1セットだけでは効果があがりません。
運動の週頻度
週1回、休日に運動に励む人は要注意!
休憩の取り方
休憩が長すぎるとトレーニング効果が半減
間違いだらけのスポーツクラブ
スポーツクラブは自己流の巣窟
腹筋に縦筋、アブクラックス
腹筋を割るには腹筋運動より有酸素運動を

【スポンサーリンク】