酸素と運動

犬かきが苦しい

イヌアイコンゲホ、ゲホ。死ぬーぅ!
ネコアイコン大丈夫?泳いでいるっていうより、溺れてるんじゃない?
イヌアイコン苦しーぃ!ハァ、ハァ・・・。おかしいなぁ。少し泳いだら苦しくなっちゃうのよ。先祖代々、私の家系にかなづちはいないはずなのに・・・。それに、鼻は水面に出しているから、呼吸はできているはずだし。
ネコアイコン犬かきは、水に顔付けないもんね。
イヌアイコンそうなのよ。何でかしら?
手足を無駄にバタバタしてるからじゃない。運動のしすぎで、呼吸しても運動に必要な酸素が足りないんだよ。 もっと、ゆっくり泳いでごらん。
あっ、すごい!長く泳げる(^O^)/
【スポンサーリンク】

持続運動には酸素が必要

パパアイコン筋肉が必要としている酸素と呼吸によって取り入れられる酸素の量がバランスがとれていると、長く運動を続けることができます。ゆっくりしたスピードで泳ぐと長く泳げるのに、あるスピードを超えると苦しくなって止まってしまうという経験はありませんか。これも、酸素の需要と供給のバランスによる現象です。似たような例で、あまり泳ぎの得意でない人は、ゼイゼイと苦しくなってすぐ立ってしまうということがあります。これも、うまく息継ぎができず十分酸素を取り入れらないか、バタバタとむやみに手足を動かして酸素を消費しすぎて需要に供給が追い付いていないためにおこります。
ともかく、長く運動を続けるためには、肺や心臓が運動に必要な酸素を供給することが必要となります。この能力を鍛えるのが心肺トレーニングです。

【スポンサーリンク】