効果的な運動中の休憩の取り方

休憩の取り過ぎ

イヌアイコン あら、もう終わり?
ネコアイコンうん、予定していた運動は全部終わったよ。
イヌアイコン めずらしく一緒にフィットネスクラブに来たのに、こんなにペースが違ったら、一緒に運動する意味ないわね。
ネコアイコン きみは、休み過ぎなんだよ。
イヌアイコン でも1セット毎に休憩をはさむのは、筋トレの基本でしょ!
ネコアイコン でもなぁ。筋トレの合間に休んでいるんじゃなくて、休みの合間に筋トレやってる感じがするんだけど・・・。
イヌアイコン あら?それじゃダメなの?
【スポンサーリンク】

休憩の取り過ぎがトレーニング効果を落とす

パパアイコン休憩のし過ぎは、トレーニングの効果を半減させます。10kgの重りを50回持ち上げる場合を考えてみましょう。これを、50回連続で持ち上げた場合と、休み休み時間をかけて持ち上げた場合とでは、どちらがつらいでしょうか。どちらも運動の量としては、10kgを50回で違いはないのですが、筋肉にかかる負担は、連続で持ち上げた方が大きくなります。後者は休むことで、筋肉が疲労から回復しますが、連続で持ち上げた方はダメージが蓄積していくからです。このことから、同じ運動なら短時間で行った方が効果が高いということになります。
筋トレは同じ部位に対して3セット程度いますが、このセット間の休憩を短くするのです。ただ、運動を早く行おうとすると、怪我をするリスクが高まりますし、第一、呼吸が苦しくて正しく運動することが難しくなってきます。
そこでおすすめなのが、スロートレーニングと短い休憩を組み合す方法です。スロートレーニングですので、呼吸が荒くなりません。1セット目を終えたら数秒休んで、すぐに2セット目に取り掛かります。休憩が短いために、筋肉の負担も大きく2セット目はそれほどたくさんの回数は持ち上げられないと思います。回数は気にせず、2セット目が終われば、すぐさま3セット目を行います。このようにして運動すると、トレーニング時間の短縮にもなりますし、筋肉への負荷も大きく効果的なトレーニングになります。

【スポンサーリンク】