割れた腹筋を手に入れるために

万人に愛される腹筋運動

パパアイコン割れた腹筋へのあこがれが強いのか、運動不足といえばぽっこりお腹を連想してしまうのか、万人に愛されている筋トレといえば、腹筋運動でしょう。
 腹筋運動は脚を伸ばして行うと腰を痛めやすいので、最近では膝をまげて行うように盛んに言われています。にもかかわらず、間違った方法で腹筋運動をしている方も多いようですのでやり方を再確認してください。
【スポンサーリンク】
【クランチの方法】
1.頭の後ろで軽く手を組んで、仰向けに寝転びます。
2.下肢を持ち上げて、脚の付け根と膝が共に90度になるようにします。椅子などの台に脚を乗せると良いでしょう。
3.息を吐きながら、シャッタータイプの風呂ふたが巻かれるように、頭から首、肩と上半身を丸めてゆっくり起こしていきます。
4.これ以上上がらないところで息を吐ききり、数秒そのままの姿勢をキープします。
5.息を吸いながら、少し肩が浮いているところ(下しきらない位置)までゆっくり体を戻し、再び息を吐きながら持ち上げていきます。
6.1セット10~30回程度を目安として、1から3セット行います。

【クランチの注意点】
肩が持ち上がるだけでも効果があるので、無理に高く起き上がろうとしなくてよい。足先を固定すると脚の筋肉で起き上がってしまうので、押さえつけたり、何かにひっかけたりしない。

【クランチの効用】
腹直筋の上部、みぞおちから少し下あたりの筋肉に効果があります。
前屈

【スポンサーリンク】