生活の中の運動強度を上げて体型維持

胸を厚く大きくする

パパアイコン腕立て伏せは、腹筋運動と並んでポピュラーな筋トレです。どの筋肉より率先して、胸を鍛えている方も多いのではないでしょうか。胸が厚くなってきているのは、背筋と違い鏡でも確認しやすいので、モチベーションもあがるのでしょう。
ところで、胸の筋肉を鍛えるには、バーベルを使ったベンチプレスやマシンを使ったチェストプレスなどが適しており、腕立て伏せはあまりお勧めしません。その理由は、体重が負荷になるので、筋肉がある程度強くなってくると、十分な負荷をかけることが難しくなることにあります。また、腕と手が手首のところで90度近く曲げられて故障を起こしやすかったり、胸より体幹が疲れてフォームが崩れやすかったりすることもあります。しかしながら、器具の要らない筋トレとして、正しいフォームを身に着けておくのも良いことでしょう。
【スポンサーリンク】
【プッシュアップの方法】
1.腕立ての姿勢で、腕を肩幅よりすこしひらきます。
2.手の指先を内側に向け、ハの字にします。
3.息を吐きながら、肘がななめ後方に引かれるような気持ちで腕を曲げ、胸を張りながら体が地面すれすれになるまでゆっくりと下ろします。
4.地面すれすれまで下りたら、今度は、息を吐きながら、ゆっくりと体を持ち上げていきます。
5.これを体幹を常にまっすぐ保ったまま、繰り返します。

【プッシュアップの注意点】
通常の方法で20回、スロートレーニングで40回程度が、この方法で効果の出る限界です。これ以上できるようになったら、別の方法に取り組みましょう。また、この方法がきつくて数回しかできない場合は、膝を床に付けて行いましょう。

【プッシュアップの効用】
胸の筋肉(大胸筋)と腕の筋肉(上腕三等筋)に効果があります。広背筋も合わせてトレーニングすることで、体の前後の筋肉がバランスよく発達し、姿勢がよくなります。ところで、この運動が女性のバストアップの効果があるように言われていますが、姿勢がよくなることで美しく見えることはあるかもしれませんが、乳房が脂肪で、胸の筋肉はその下に平らに付いているので、直接のバストアップ効果は無いように思われます。



【スポンサーリンク】